4653 ブレーキワイヤー破断

今日の会社からの帰りのこと。

いつものように自転車で自宅に向かっていた。

自分は道路左側の車道を走っていた。

歩道には、ジョギングしている人がいて、そのまま脇を通り抜けようとしたら、突然道路を横断しようとしてきた。

あわてて、急ブレーキを掛けざるをえなかった。

少し速度が落ちたが、その次の瞬間…

「バン!」

…という、音ともに、ブレーキを掛ける右手に力が抜けてしまった。

ブレーキワイヤー破断

一瞬何が起きたかわからなかったが、とりあえず、なんとか速度を落とせたので、人を轢かずに済んだ。

一方、ジョギングをしていた人は、まるで自分から逃げるようにして、走り去ってしまった。

自転車を止めて調べてみると、右手のブレーキがまったく効かなくなっていた。

どうやらブレーキワイヤーが、完全に切断してしまったみたいだ。

ブレーキワイヤーが、だらんと、垂れ下がっていた。

長期間の使用で疲労を起こしていたのだろう。

どんなものでも劣化や疲労はするとは思うけど、自転車のブレーキワイヤーがどうなってるか?なんて、なかなかチェックしないし、いつも通りにブレーキが効いていれば、特に問題ない…って、思い込んでしまう。

 

とりあえずは、大きな事故にならずに済んで良かったが、かなりビックリした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください