[社会の窓]野良猫から学ぶ

我が物顔で、ゆっくりと道路を横断する猫。

この堂々とした歩きっぷりは、細かいことは気にせず、ひとり(一匹)で生きていくという強い気概を感じさせる。

…なんていうと、ちょっと言い過ぎかもしれないけど、なんだかすごく格好いい。

そんな風に生きられたら、いいなぁ…なんて思ってみたり。

実際、この体格の良さは、食事もしっかりととれている証拠であり、自らの力で生きていることを、身体で表現している。

何でも自分に重ねて考えてしまうクセがあるのだけど、翻って、自分はどうだろう。

あれ? 自分の力で生きているという点では、猫と同じだし、間違いない。

なのに、なぜ、この猫のように、こんなに堂々とできてないのはなぜだろう?

考え方ひとつで、生き方も変わる…のかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください