[社会の窓]ベンチの冬眠

日曜日の昨日、図書館に向かう遊歩道を歩く。

先週月曜日に降った雪は、その後続いた冷え込みもあって、1週間経った今も、あちこちに残っている。

そんな雪を見掛けると、なんだか冷凍庫の中で過ごしているような、錯覚にとらわれて、よけい寒く感じてしまう。

公園から繋がる遊歩道は、周囲は人の姿がまばらだった。

除雪に忙しい大人たちと、雪遊びに忙しい子どもたちで賑やかなのは、雪が降り積もる日とその翌日くらいで、1週間も経てば、子どもたちも雪への興味は失われてしまう。

そして、真っ白だった雪は泥に汚れ、さらさらだった雪は踏み固められ、冷えて固まっている。

ふと見掛けた、遊歩道のベンチには、座面にまだ雪が残っていた。

いまでもそのまま残っていると言うことは、1週間誰にも座られずにいた…ということになる…。

ベンチが冬眠?

なんだか、そんな感じに思えた。

明日くらいまでには、雪は溶け、ふたたび、ベンチとして使われるときが来るだろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください