[社会の窓]原風景

三連休最終日。

いい天気だったが、遠くに出かけることなく、自宅近くで過ごした。

スーパーへの買い物などで家を出ると、外の空気はどことなく秋を感じさせる気がした。

具体的にどのあたりが秋らしいか…というと、ハッキリしないのだけど、先日行ってきた群馬県中之条町で見かけた風景は、まさに秋そのものだった。

太陽の光を浴びて、稲穂は黄金に輝いている。

もう稲穂の刈り取りも始まって、天日干しされているところも。

紅葉までは、まだもうちょっと時間があるが、コスモスの花が、秋の到来を告げている…

こういった風景は、自分にとっては、決して身近ではなかったけど、妙に懐かしいというか、すーっと入ってくる感じがするのはなぜだろう。

いや、多くの日本人にとっても、秋のイメージって、やはりこんな感じ…ではないだろうか?

誰かから教えられたわけでもないのに。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください