[社会の窓]ジェット二宮金次郎

これまで、横浜トリエンナーレ大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(開催の翌年に鑑賞)ベネッセアートサイト直島など、周辺地域や街が一体となって、アートを作り上げていくイベントを鑑賞してきた。

そして、今回、久しぶりに、3日間かけて「中之条ビエンナーレ」を鑑賞。

一部不満もあったが、それ以上に、充実した時間を過ごすことができたと思う。

こうしたイベントで、いつも感じるのは、斬新な発想、意外な組み合わせなど、可能性は無限にあるのだ…ということだ。

ジェット二宮金次郎像すごく単純でも、「あぁ、こう来たか~」と、気付かされることが少なくない。

今回初めて見た、「ジェット二宮金次郎像」もそのひとつ。

実は、これは、今回の作品ではなく、調べてみると、以前話題になっていたこともあるようだが、こういう発想は、とても面白い。

二宮金次郎像といえば、ぱっと思いつく姿で固定化してしまいがちだが、これを背中にジェットエンジンを付けて、飛ばしてみよう…とは、普通だったら思わない。

新鮮な発想に出会えると、なぜかちょっと嬉しくなる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください