[社会の窓]さよなら夏の日

今年は、また猛暑か…と思っていたら、突然、雨ばかりのぐずついた天気が続き、暑いよりも肌寒く感じる日が増えた。

また、気温が上がる日も来るかと思ったが、それほどでもなく、9月も中旬を過ぎ下旬へ。

さすがに、ここまでくると、今後、酷暑や猛暑といわれるような状況になることはないだろう。

なんだか、夏に別れを告げる前に、夏が終わってしまった感じ。

夏は四季の中で苦手な季節のひとつだけど、こんなあっさりと過ぎてしまうと、それはそれで、ちょっと寂しい。

今週前半、東伊豆に行ってきたとき、雲は多めながら、青空が見え、ほんのちょっと夏が戻ってきた感じだった。

そんな状況を感じ取ったのは、僕だけではなく、カマキリも同じだったのかもしれない。

まるで、ゆく夏を惜しんでいるように見てきたのは、気のせいだろうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください