[社会の窓]いいデザイン


落ち着くメインロビー
昨日、時間がないながらも、ホテルオークラ東京本館では、あちこち歩き回りつつ、しばらくの間過ごしてみた。

最後の日曜日ということまって、かなり騒がしい感じではあるけど、ロビーは落ち着いた雰囲気に包まれている。

ロビーの椅子に腰掛け、じっくり周囲を見渡しつつ、ふと思った。

たしかに、細かい配慮は感じられるが、じゃあ、とてつもなく凝りに凝った難しい装飾を施しているわけでもない…ということだった。

語弊があるかもしれないが、「特別難しいことをしているわけでもない」ように思えるたのだ。

むしろ時間が経つことで、経年劣化もあるだろうし、古びた感じになってしまうことだってあるだろう。

でも、まったくそう感じない。

それどころか、これらのすべてが「いい」と感じられるのは、いったいどういうことだろう。

おそらく、これが「いいデザイン」というものなのだろう。

よけいなことを考えず、すーっと入ってくる感覚だ。

もうこの光景は見られなくなってしまうと思うと残念だが、こうした雰囲気は新しいロビーでも実現して欲しいと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください