[社会の窓]猛暑日の夕焼け

今日の東京は、日中の最高気温が35度を超える、この夏初めての猛暑日だったそうだ。

たしかに、この異常とも言える暑さは、ただちょっと外に出ているだけでも、かなりしんどかった。

日差しが強いから暑い…というわけでもなさそうで、夕方、多少、太陽の光が落ちかけても、まったく変わらなかった。

ふと、ビルの屋上まで上がってみたら、ちょっとは変わるかな…と思って行ってみると…

ちっとも変わらなかった。

猛暑日の夕焼け

時刻は18時30分をちょっと過ぎたところ。

今日の東京の日の入りは18時50分だから、まだ実際の日の入りまで、十数分あるはずだけど、まさに太陽が遠くのマンションのうしろに隠れる瞬間だった。

早めに太陽が隠れたら、多少は涼しくなるかと思えば、そう甘くはなかった。

あたりが暗くなっても、吹く風はかなりの熱を持ち、異様な蒸し暑さが続いた。

やっぱり、夏は苦手だ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください