[社会の窓]温泉時間

四万温泉から帰ると、それなりに楽しかったけど、今回も、ちょっと複雑な気分だった。

先述の通り、ふだん疲れてるせいか、すぐに眠くなり、かなりの時間をただ寝て過ごしてしまったからだ。

それはそれで価値のあることなのかもしれないけど、20時過ぎくらいから眠くなってしまって、朝まで寝てしまっては、「温泉宿で過ごす」という感覚を味わうことがあまりできない気がしてしまう。

重要文化財の積善館昨日、食事ができる場所を探しに温泉街を歩いていると、誰も人がいなかったせいもあって、のんびりとした時間が流れている感じがしたのを思い出した。

重要文化財に指定されている、積善館などは、慌ただしさとは無縁のたたずまい。

ふだんの過ごしている時間ではなく、”温泉時間”というものがあるような…。

あぁ…もしかして、僕は、”時差ボケ”を起こしたのかも…なんて。

しっかり温泉を楽しむには、ただ疲れて寝てしまわないように、ふだんの生活から、あらためておくことも大切なのかもしれないなぁ…なんて思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください