[社会の窓]ガクアジサイ

貨物列車が通り過ぎる今日は梅雨らしい一日という予報で、午前中から雨の予報が出ていたが、雨は降りそうで降らなった。

お昼過ぎくらいに、また飛鳥山に行ってみた。

2週間ほど前に来たときと比べたら、どのアジサイも、自分が主役とばかりに、自己主張しているかのようだった。

今が主役のアジサイ今が主役のアジサイ

ふと目にとまったのが、花びら(正確に言えば花びらではないそうだが)が、周囲のみ開いている「ガクアジサイ」だ。

ガクアジサイ

何で、ガクアジサイというのか知らず、調べてみて、「額」のように咲くから、ガクアジサイなのだそう。

これはこれで、味がある花なのに、アジサイの自己主張が強すぎて、せっかくの個性が埋没してしまっているように感じるのは、気のせいだろうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください