[社会の窓]撮影か?鑑賞か?

ブック・スカルプチャーという、本を彫刻する作品を鑑賞してきた。

この展覧会では、写真撮影が可能なため、みんな必死に写真を撮っていた。

静かな会場に、デジカメやスマートフォンの、シャッター音が響く。

そして…僕もつい…同じように写真を撮っていた。

しかし、途中で撮るのを止めた。

というのも、窓ガラスからの光が映り込んでしまい、とてもイメージ通り、見た通りに記録できそうになかったからだ。

この時点で、ふと思った。

しっかり作品を見てないじゃないか?

写真が撮れると思うと、つい気持ちが写真を撮ることに向いてしまう。

いかん、いかん…と思いつつ、反射が少なく、綺麗に写りそうだと分かると、やっぱり写真を撮ってしまう。

海底二万哩そして撮れたのが、「海底二万哩」をイメージしたこの作品。

実際の作品から、神秘的な海底の様子が、文字通り浮かび上がってくる。

そして、いま、写真を交えて、こうして紹介できるのは、やっぱり嬉しい。

バランスが難しい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください