4445 ドリームなごや号 ビジネスシート

ラリーに参加したあと、モリちゃんには、岐阜羽島で下ろしてもらい、せっかくなら…と、乗りたい電車に乗ってたものの、そのまま新幹線で帰ってくるのはつまらない…。

どうせなら、いままで利用したことのない手段で帰りたい…

待合室は混雑していたそこで思いついたのは、夜行高速バスを利用することだった。

それも、ビジネスシートという、ちょっとランクの高いシートで。

ほとんど思いつきだったのだが、1席だけ空いていたので予約した。

名古屋駅には結構早めに着いてしまったので、出発時刻まで、高速バスの待合室で過ごす。

けっこう混雑していて、座るのに苦労している人も少なくなかった。

23時過ぎにバスの乗車が始まる旨の放送があり、乗り場に到着したのは、2階建の大型バスだ。

名古屋駅前に…

そのすぐ横では、かつてツアーバスと呼ばれた乗合バスの受付が行われていた。

こちらと比べると、今回乗車する、ドリームなごや号の乗客の年齢層は高い。

ビジネスシート搭載車 比較的年齢層高め 乗車するとすぐ階段 トイレは真正面に

ウェブサイトによれば、ビジネスシートは、通常シート間隔が、通常80cmのところ118cm広がり、リクライニングも145度まで倒せる。

大型のレッグレスト、足乗せ用の台(オットマン)もある。

前から2列目窓側が自分の席。

ビジネスシートは2階前方 ビジネスシート 足乗せ(オットマン) オットマンの下に靴をしまう

座ってみる。

座って前方を見る 足を伸ばしても前に付かないくらい広い

足を伸ばしても前の座席に届かないくらい広い!

どこまで倒れるのだろう…と思ってしまうくらい、シートも倒せる。

シートの横には、コンセントがあるのもありがたい。

説明書きはちょっと見づらい 電源について

シートの脇にコンセントがある名古屋駅を定刻の23時20分に出発。

時刻表によれば、途中いくつかの停留所と、休憩としてサービスエリア2カ所に止まりながら、東京駅には翌日の6時ちょうどの到着予定とあった。

消灯は0時を過ぎたあたりだった。

遮光カーテンのため、消灯後の車内はかなり暗くなる。

前方のデジタル時計のLEDが異常に明るく感じる。

快適ではあるのだけど…あまり寝られなかった。

理由ははっきりしないのだけど、揺れが気になったのか、シートがかなり倒せるとはいえ、まだ角度があるせいか…。

国会議事堂がちらり

うつらうつらしながら、外を見たときは、ちょうど渋谷駅を通り過ぎたあたりだった。

霞ヶ関に停車したが降りる人はおらず、終点東京駅日本橋口には、5時40分頃に着いてしまった。

東京駅到着 東京駅到着

 

バスを降りると、意外なほど体調がよく、このまま仕事にも行けてしまいそうな気がしたのだけど、しばらくしたら、急速に眠気が襲ってきた。やっぱり寝不足だったようだ。

東京駅到着

今度同じシートを利用するか?と尋ねられたら、ちょっと迷う。

どうせ乗るなら、さらに上級のシートであるプレミアムシートだったら、乗ってみたいと思った。

ちなみにこちらは、シート間隔は、驚異の?135cm、リクライニングは156度となっている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください