4433 リブロ閉店

もうすぐ閉店してしまう、池袋リブロ池袋西武(百貨店)のテナントとして入っていた、書店“リブロ”が、6月で閉店になるという。

池袋における大型書店のひとつであり、僕もときどき寄っていた店だったから、リニューアルではなく、「閉店」になるというニュースを聞き、ちょっとビックリした。

本が売れず、ネット通販の台頭で、街の書店も減っている傾向が続いている。

単純に大きな本屋というだけでなく、影響力、発信力のある、名の通った店も、淘汰の波から免れることができなかったのか…と思ったら、理由はほかにあったようだ。

「リブロ池袋本店」が6月で閉店に!出版取次会社のライバル関係が影響か

リブロの発行済み株式の100%は、「日販」が所有している。

一方で、リブロ池袋本店が入っている西武は、2006年に日版のライバルである「トーハン」出身の鈴木敏文氏が会長を務める「セブン&アイ・ホールディングス」の傘下となった。

ライバル関係にある2社が関係していることから、以前から「リブロ池袋本店はいつか西武から撤退するのでは」と囁かれていた。

そんな理由?

大手取次会社同士は、たしかにライバルだろうけど、一方は、単に会長がかつて勤務していた会社だったというだけなのに。

これは勝手な想像だけど、おそらく会長自身は、きっと意にも介していないはずだ。

そしてその周囲(取り巻き)が、こうした事情を考慮して、会長に慮って(おもんばかって)というか、気を遣って追い出したんじゃないか…なんて思ってしまう。

客商売が「慮る」とき、たいていそこには、客の姿はない気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください