[社会の窓]十年越しのA380との出会い

総2階建の超大型旅客機A380については、完成披露式典のこと(2005年1月)や、成田空港に初着陸の新聞広告(2006年11月)を取り上げたり…と、以前から気になる旅客機だった。

でも、実は、実物が飛んでいるのを一度も見たことがなかった。

最初に、このブログで取り上げてから、ちょうど10年…。

今回、滑走路の奥から、ゆっくりと飛び立つA380を見つけたとき、鳥肌が立つほど嬉しかった。

そして、ひたすらシャッターを切った。
お!? これは… A380? きた… きたー! A380だ… 意外とゆっくり 優雅な感じ… 乗ってみたいなぁ…

いつか乗ってみたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください