4400 HAPPO EN

先々週先日の雨の週末。

外を歩いていたら、比較的若い男女が、ひとつの傘を共用して歩いているのを見掛けた。

いわゆる“相合い傘”である。

最初、彼らが、向こうからやってきたときには、ほほえましく見ていたが、ふと傘に書かれていた文字が気になった。

HAPPO EN

ハッポウエン?

これって、あの八芳園?

東京都港区白金台にある「八芳園」は、都内でも有数の広大な庭園のある結婚式場・レストランとして知られる。

なぜ、その八芳園を見掛けることになるんだ?

この傘はいったい…?

あんなにしっかりと書かれているところを見ると…おそらく…八芳園において、来訪者に突然の雨でも、庭園を歩けるように貸し出される傘ではないだろうか?

で、何故ここにあるのか?

つい、間違って持って帰ってきてしまっただろうか?

まぁ、そういうこともあるかもしれない。

何らかの理由で返すタイミングを逸しているのだろうか?

それも、まだ仕方がない。

けれど、その傘を、ごくごく普通に使っているのはいったい、どういうつもりなんだろう?

自分たちが窃盗したと思われてしまう…とは、考えないのだろうか?

いや、そもそも、この僕の見立て自体が間違っているのだろうか?

僕の、“もやもや”をよそに、ふたりは、歩いていって行ってしまった。

HAPPO EN…?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください