4399 地球ゴマ

地球ゴマの製造メーカーが今月いっぱいで廃業するという。

1921(大正10)年、時計メーカーの技術者だった加藤朝次郎氏が科学玩具「地球ゴマ」を開発。タイガー商会を名古屋市で創業。60年代に2代目社長の加藤武氏がテレビコマーシャルなど宣伝を強化して大ヒットする。一方、模造品も出回り製品の信頼が損なわれ、少量生産に切り替える。経営は長年、安定していたが、職人の不足と高齢化から今年4月末をメドに廃業する。

地球ゴマは、保護枠に収められた金属製のコマだ。

地球ゴマこのコマを勢いよく回し、保護枠を手に持ち、コマの向きを変えようとすると、反発する力が働くから、ちょっと不思議な感覚を味わえる。

この感覚こそが…回転軸の向きを一定に保とうとする「ジャイロ効果」だ。

昔から、うちにもあった。

まぁ、しょっちゅう遊ぶというものでもないし、大人になると、ますます触れる機会もなくなってしまう。

近年は、押入などの片づけの途中で、出現して、そのときに回して遊び、再び、しまう…そんなことの繰り返しだった。

回転する地球ゴマ昨年末の片付けでも、やっぱり同じことをしたのを思い出した。

地球ゴマを回すたびに、手に伝わる微妙な感覚。

これは、パソコンやスマートフォンを見てるだけでは、決して味わえないもの。

この地球ゴマは、意外と手間暇の掛かる商品であることは、今回廃業を伝える記事を読んで初めて知った。

地球ゴマで重要なのは精度です。特に一番難しいのが心棒と円盤のバランス。これがぶれているとコマがうまく回らない。100分の2~100分の3mm単位の調整が求められます。

こんなにも高い精度が求められるとは知らなかった。

このために機械化も難しいようで、職人の不足と高齢化といった現実には勝てず、ついに、今月末をメドに廃業することになったという。

こんなにおもしろい商品が、いずれ市場から消えてしまう…というのは、本当にもったいない。

4399 地球ゴマ” への2件のコメント

  1. ふらりと立ち寄りました。地球ゴマ、消えて幾歳月・・・
    と思っていたら、どうも違う形で復活を遂げたようです。
    名前を「地球ジャイロ」と変えて。高級品仕様ですが、ひとまず良かったですね。

  2. ≫ スナフキン さん
    コメントありがとうございます。この記事を書いたのは、もう3年以上も前なんですね。
    「地球ジャイロ」…知りませんでした。しっかり残っているというのは、嬉しい話です。
    「コマ」あらため「ジャイロ」で、これからも回したときの独特の感覚は、多くの人たちに体感してもらいたいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください