[社会の窓]まだ見ぬ景色へ

先日行った木更津の干潟…それなりの広さがあるだろうとは思っていたが、想像以上の広大さに、ちょっと感動してしまった。

高速道路を使って、都心からわずかの距離と時間のところに、こんな景色が広がっているなんて…。
千葉の大平原?よく見れば、遠くに、製鉄所や東京湾アクアラインなどが見えるけど、ぼーっと過ごしていると、ここが千葉県の、しかも東京湾沿いにあるという現実を忘れてしまいそうになった。

ふだんの街歩きでも、いろいろな発見があるが、それを遙かに上回るような、非日常的な感動や驚きを覚えてしまうような、まだ見ぬ景色が、実は、かなり身近にもある……

そんなことを、あらためて認識させられた気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください