4312 月齢 5.1

外出からの帰り、南東方向に欠けた月が見えたということと、ちょっと思うことがあったので、望遠鏡で月を覗いてみた。

今日は空気が澄んで、月もハッキリ見えた。

月齢5.1

本当はもうちょっと欠けている方がクレーターもよく見えるのだろうけど、それでも太陽の光が当たっているところと、影になっているところの境界がハッキリと見えて、見応えがあった。

月齢5.1…クレーターの細部までよく見えた月齢5.1…クレーターの細部までよく見えた

もっとも、月そのものを愛でるには、望遠鏡を使わないほうがいいと思う。

でも、こうして、空気が澄んだときには、月をじっくり散策するのも楽しいものだ。

今日、日中は風が冷たく寒かったが、いくぶん風が治まったせいか、寒さも和らいだ気がしていたが、どうやら油断していたようだ。

しかし、ずっと月を眺めているうちに、すっかり身体が冷えてしまった。

おそらく、望遠鏡を使うのも今年は今夜が最後になるだろう。

また来年…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください