[社会の窓]新橋色

「大正ロマン」をイメージした色彩でライトアップされた東京駅の赤レンガ駅舎。

昨日見たそのライトアップは、ふだんのそれとはまったく異なる鮮やかな色だった。

とても新鮮ではあるけど、この色のどこが、「大正ロマン」なのだろう?と思ったし、なんだかちょっと派手?な感じがした。

でも、この由来を確認してみると、この色は、大正時代に流行した、藤色(むらさき)と新橋色(青色)なのだそうだ。

この青色が「新橋色」藤色はなんとなくわかるが、新橋色(しんばしいろ)というのは、初めて聞いた。

明治の終わり頃から東京の新橋芸者の間で流行した、わずかに緑がかった明るい青色だそうで、色名なのに町名が使われているのは、ちょっとも面白い。

ゆりかもめ新橋駅のテーマカラーだったということも、初めて知った。

新橋色…またひとつ勉強になった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください