[社会の窓]たとえこの壁にピンと来なくても…

このビルの壁(デザイン)を見ただけで、ピンと来る人は、この地域に詳しいか、この建物に詳しいか…のいずれかだろう。

新橋と言えば…逆に、この建物のテナントへ用事がある人とっては、意外と記憶に残っていないかもしれない。

でも、きっと、無意識のうちに、印象に残っているんじゃないかと思う。

ニュー新橋ビルの東側ニュー新橋ビル

このビルの外観のデザインはちょっと独特で、他に思いつかない。

新橋と言えば、“サラリーマンの街”という強烈な個性が、この街を形作っているし、このビルの外観も、ここにしかない…というある種のアイデンティティを形成していると言ったら、言いすぎだろうか。

先日、このビルを中心に付近一帯が再開発されるとの発表があった。

こうした、「この街だけ」という個性が、次々と失われていくのを目の当たりにするのは、やっぱり悲しい。

再開発の着手は2020年の東京オリンピック以降ということで、まだ時間がありそうではあるけど、おそらく、あっという間だろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください