[社会の窓]時間の止まった場所

首都東京に最も近い空港である東京国際空港~羽田空港は、2020年に東京オリンピック開催が決定し、ますますその重要度を増してくる。

増加する利用者に対応して、滑走路も設備も膨張を続ける羽田空港。

昨日、羽田空港付近を歩いていると、いつごろ作られたかわからない詰所らしき建物を見掛けた。

いつ頃作られたのだろう…ハッキリした手がかりがないので、よくわからないが、その佇まいからして、相当の期間、放置されていることは間違いなさそうだ。

ふつうだったら、取り壊されそうなものなのに、なぜかこのままの状態がずっと続いているのだ。

世の中のところどころに、こうした時間の止まった場所がある。

こういう場所を見つけると、まるで宝探しで発見でもしたように、ものすごく嬉しくなってしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください