4272 新橋駅前で再開発計画

新橋駅前のSL広場と言えば、街頭インタビューの名所で、僕も以前取材を受け、テレビで放送されたこともある。

またSL広場に面した、「ニュー新橋ビル」も、かつては戦後日本最大の闇市があった場所で、ビルになった今でも、どこかその雰囲気を残している。

その、SL広場やニュー新橋ビルを含めた一帯を再開発するというニュースがあった。

ここに30階建て前後で120~130メートルの超高層ビルが2棟以上建つという。

順調に計画が進んでも、着工は2020年以降ということなので、すぐにどうこうする話ではないが、ちょっと気になったので、先週の金曜日、再開発対象の地域を見て回ってきた。

 

競輪・オートレースの場外車券売り場の、ラ・ピスタ新橋対象範囲の北側から新橋駅方面を見る。

金券ショップとその裏には、競輪・オートレースの場外車券売り場の、ラ・ピスタ新橋がある。

このはす向かいには、堤第一ビルを含む解体中のビル群がある。

新橋駅は、耐震補強と大屋根を取り付ける工事の真っ最中。大屋根の方はだいぶ姿を現しつつある。

おなじみSL広場は、なにかイベントの開催中で、いくつものテントが張られていた。
新橋駅の大屋根がだいぶできてきた 象徴的な場所のひとつ、SL広場

線路とは反対、西側の道路をニュー新橋ビル沿いに歩く。ニュー新橋ビルのはずれから、新橋駅方面に目をやると、遠くに汐留のビル群が見えた。
ニュー新橋ビルの西側 ニュー新橋ビルの南側から汐留方面

さらにそのまままっすぐ、再開発対象地域沿いの道路を歩くと、古い2階建ての商店が並んでいた。比較的道路幅があるので、新橋にしては明るい感じがする。

このあたり(新橋柳通商店会)の道幅も11mから約2倍の広さに広げる計画だという。
再開発対象区画の西側 再開発対象区画の西側からニュー新橋ビルを見る

広場はかつての港区立桜田小学校公園となっている場所は、1991年(平成3年)3月まで、港区立桜田小学校だった場所で、グラウンドだった場所が、かつてここが小学校だったということを思い起こさせる。

小学校の建物は現在、生涯学習センターとなっている。

ここはすでに再開発済公園の南西側にも、再開発対象地域が伸びていたので、どういう状況になっているのかと思ったら、そこには、真新しいビルが…。

ホテルサンルートとコンビニがあって、すでに再開発が完了してる感じだった。

新橋駅に向かう。線路のカーブに沿って、ニュー新橋ビルもカーブしている。

ビルを包む独特のデザイン…この存在感は圧倒的だ。
ニュー新橋ビルの東側 ニュー新橋ビルの南側

こういったところは再開発対象外線路と再開発対象地域の挟まれた、新橋西口通りは、対象地域から外れてるが、間接的にはなんらかの影響を受けてしまうかも知れない。

 

新橋らしい雰囲気のひとつ

みんな小洒落ちゃうと、ちょっと…汐留は、もともと貨物駅で何もなかったところに、できた街だから、比較はできないと思うけど、街としては面白さには欠ける。

別に飲むこともないし、新橋にあるお店への用事は、まずないのだけど、新橋ならではの猥雑さは嫌いじゃない。

作ろうと思って作れるものでないので、ぜひ今後も残って欲しいと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください