[社会の窓]新幹線の、その先…

今年は東海道新幹線が、開業して50周年という記念の年だ。

歴代の新幹線たち

先日、その記念式典を見てきた上に、先週、たまたま、リニア・鉄道館を見学して、東海道新幹線を走り抜けた歴代の車両を見学することができた。

MLX01-1そして、これらの車両たちの先に続くのは、もうすぐ着工する、リニア中央新幹線だ。

現在1時間40分掛かっている、東京-名古屋間を40分で結ぼうという巨大プロジェクト。

これほど大きなプロジェクトだけに順風満帆ではなく、当然ながら、反対論もある。

現時点で、1時間短縮する必要がないから建設に反対…という考え方には、ちょっと懐疑的だ。

費用面の問題…
技術的な問題…
環境負荷の問題…

たしかにさまざまな問題があることは認識している。

それでも、そうした問題を乗りこえ、革新的な変化が起きたその先には、間違いなく、新しい発想や需要などが生まれる。

インターネットが普及したからこそ、新しい世界が誕生したように、40分で駆け抜ける交通手段があることで、世界が変わるような気がするのだ。

僕は、どう変わっていくのかを、見てみたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください