[社会の窓]ある意味、ややこしい掲示

新橋駅前の雑居ビルの壁に、こんな掲示がある。

この煙は、火災ではありません

「この煙は火災ではありません」

この日は特に、煙は出ていなかったけど、もしかすると、冬とか寒い季節になると、目立つのかもしれない。

実際なんの煙なのかは、わからないけど、こんな掲示をするくらいだから、誤解されることが少なくないのだろう。

しかし…である。

本当に火災だった場合は、どうなるか?ということだ。

もし…この煙が尋常でないくらい、モクモクと出てきたら、どうだろう?

仮に、それが火事を原因とした煙で、相当な量の煙が出ていても、「煙は火災じゃない」って書いてあるのだから、火災と判断する人はいないかもしれない。

では、もし、煙はちょっとでも、チラチラと炎が出てたら、どうだろう?

さすがに火災だと思う人も出てくるかもしれないけど、そもそも煙が出ても気にするな…と書かれたところだと、いくら炎が出ても、通報は躊躇われるのではないだろうか?

ある意味、ややこしい掲示である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください