4176 コペンハーゲンを右往左往(北欧2014・7日目)

ニューハウン今日は、あまり予定を詰め込まずに過ごす想定。

まずは、翌日の運河クルーズの乗り場確認も兼ねて、ニューハウンへやって来た。

コペンハーゲンで最も有名な場所ともいえるところだけど、これまで歩いてきた感じでは、あちこちに似たような場所があって、ここだけが特別ではないような気がした。

けど、やはり絵になる。

ニューハウン
またまた、ストロイエ通りまでやって来た。たくさんのお店が並んでいて飽きない。

いったい何をイメージしたらこうなったのか分からないディスプレイが気になったのは、僕だけじゃないみたいで、これを被写体にしている人も多かった。
またまたストロイエ通り このディスプレイはいったい…

便器で遊ぶ大人たちぶらぶらとストロイエ通りを歩いているうちに、お昼近くなってきたので、早めにランチを取ろうと、あらかじめ調べておいた店に向かう。

男たちが歓声を上げていたので、何をしてるのか見てみたら、なぜか動く便器に乗ってはしゃいでいた。

お店の前に着くと、ちょっと雰囲気がおかしい。

ドアを開こうとしても鍵が掛かってる。よく見ると貼り紙が。

文字が細く薄いので何が書いてあるのかわからなかったが、少なくとも店はやっていないということは分かった。

こちらでは、ときどきあるようだが、お店がバケーション休暇を取っているらしい。
美味しいと評判のレストラン…あれ?クローズ…だと?

予定が狂った。

せっかく、デンマーク伝統料理の、スモーブローを食べようと思ったのに…。

専用メニューがあった仕方なく、すぐ近くのチボリ公園へ入る。

一昨日行ったばかりのグロフテン

スモーブローは、いわば、デンマーク風オープンサンドで、ライ麦パンの上に、いろんな食材をのせて食べる。

すると、このレストランでは、なんと、スモーブローのための特別メニューが用意されていたので、ようやく念願の?スモーブローをいただくことができた。
スモークビーフのスモーブロー うなぎのスモーブロー

ただ、チボリ公園へは、別の機会に入園したかったのだが、仕方がない。

お店を見たり、園内の施設を見たりしていると、どこからともなく、クジャクが現れた。そして、このクジャクの先には、黒い猫がいた。猫は動じずに、商品陳列棚の下にゆっくり横たわっていた。

クジャクはボーッとしていたので、ダミーを差し出すと、噛みつきそうになったので、引っ込めた。

猫を追いかけるクジャククジャクがダミーにロックオン

めいっぱい詰め込んだ感じ今日が土曜日のせいか、それとももう夏休みなのか、家族連れが多数詰めかけて、大混雑だった。

それでも、アトラクションに並ぶ行列があふれかえるほどでもなく、ただただ人が大勢いるという感じだった。

なんとなく勝手にメリーゴーランドに歴史がありそうな気がしてたのだけど、特別な感じはしなかった。

競馬レースは、目の前に開けられた穴をめがけて、参加者がボールを転がし、その入った穴に付けられた点数によって、馬が進むという仕組み。

気怠い感じの係員のお姉さんが、レースが始まると、いきなり実況を始めたので驚いた。

メリーゴーランド 競馬レース

今日もともと予定していた唯一の見学先である、デンマークデザインセンターに向かった。

テーマは、家具や広告、建築など幅広い分野のデザインを取り上げているというので、

場所は、チボリ公園の裏口からすぐのところ。

すぐに場所はわかったのだけど、入口が見つからず、結局ビルを一周してしまった!おかしいなと思ったら、今日は土曜日のため休み…しかも、そもそもデンマークデザインセンターは、2012年に閉館しているというではないか…。

“デンマークデザインセンター”に行ったのだけど… 閉館してた…

レゴストアに行ってみる意気消沈したところで、ふたたびストロイエ通りへ。

もう何度も歩いているが、レゴストアには入ったことがなかったので、寄ってみた。

レゴストアには、予想通り子供たちでいっぱいだった。

僕もレゴではないけど、同様のブロックには大変お世話になったので、思わず組み立てを始めてしまった。

一生懸命作ったところで、どうしようもないので、途中で断念。

あらためて天井を見てみると、レゴブロックの底面がデザインされた照明だった。

無心に組み立てる子供たち 天井はレゴブロックをイメージ

さすがコペンハーゲンのストアだけあって、ニューハウンの街並みがレゴブロックで見事に再現されていた。

レゴブロックで作ったニューハウンゴミ箱にもハートが…いったん宿に戻り、少し身体を休めてから、ふたたび夕食を取りに出掛けることにした。

コペンハーゲン市内のあちこちに設置されているゴミ箱や灰皿。

よく見れば、ここにもハートのマークがある。

 

デンマーク料理のひとつ、皮付きのポークをカリカリにローストしたフレスケスタイ(Flæskesteg)というものを食べに、またストロイエ通りへやって来た。今回何度往復しただろう?

あらかじめ決めていたお店も、料理もすぐに見つかって、とても美味しくいただくことができた。
シティ・クローエン 皮付きのポークをカリカリにローストしたフレスケスタイ(Flæskesteg)

 

時刻はもう夜の8時を過ぎているところがが、まだまだ周囲は明るい。

今朝は逆光気味だったニューハウンに行ってみたら、今度はもう日が暮れかけていて暗くなってしまっていた。

今日はことごとくツイていない。
旧証券取引所またまたニューハウン

途中まで、地下鉄(メトロ)に乗って帰る。自動運転のため、運転士がいない。さらに駅の壁面全体がドアとなっている感じは、ゆりかもめのようだ。
地下鉄(メトロ)で帰る 無人運転の地下鉄(メトロ)

今日は、今回の旅のなかで、ある意味、もっとも予定通りにいかない一日だった。

まぁ、これはこれで旅の醍醐味なのではあるけれど。

4176 コペンハーゲンを右往左往(北欧2014・7日目)” への4件のコメント

  1. 謎のデイスプレイは恐らく、これを着れば・・・的なイメージなんじゃないかと思います。それにしても、動く便器って、ラジコンとかではなく、自走なんでしょうか。色々と気になりますよね。競馬レースは懐かしいですね。日本にも昔、ゲームセンターにありましたよ。ハートマーク気になったので、少し調べてみましたら、デンマークの国章にも描かれているので、多分、由来は、そこから来ているのではないかと思います。もしかしたら、ラッキーマークの意味もあるかも。

  2. ≫ 天河かなめさん
    コペンハーゲンの街をちょっと歩き回っただけで、いろんな発見がありましたね。
    いずれも、日本ではなかなか見られなさそうなものばかりで、おもしろかったです。
    動く便器は電動のようでした。ものすごく小回りが効いて楽しそうでした。
    そうそう、デンマークの国章にはハートが使われてましたね。うっかり写真を載せそびれてしまいました。
    でも国章にハートなんて、日本だとちょっと考えられないですね(笑)

  3. 私も先日、コペンハーゲンに初めて行ってみました。こじんまりとして、とても人情味のある感じがとてもして好きになった街です。
    こちらのブログでの記事を読み、とても納得するところも多かったのですが、私もデンマークで食べたオープンサンドはとても気に入りました。そしてデンマーク人って本当にお酒に強い(好き?)ということも目で見て確かめて来ました。(笑)
    私はストックホルム在住なのですが、コペンハーゲンもストックホルムも同じだろう、と思っていたら結構違う所も多くて勉強になりました。(言葉とか風習の似た所は多いけど、人が随分と違う印象を受けました。)また行ってみたい街です。

  4. ≫ あつあつ さん
    コメントありがとうございます。
    ストックホルムにお住まいでも、コペンハーゲンに行く機会なんて、そうしょっちゅうあるわけではないですもんね。
    ふとしたきっかけで、北欧に興味を持ち、ヘルシンキには、数年おきに3回も行ってしまうほどになりました。
    休みに都合から、どうしても駆け足になってしまって、なかなかゆっくりできないのが残念です。
    コペンハーゲンも楽しかったですが、またストックホルムにも行ってみたいと思っていたところです。市立図書館や森の墓地、グスタフスベリなど、またゆっくり行ってみたいです。
    あつあつさんのブログも拝見させていただきました。とても読み応えがあって、楽しかったです。また拝見させていただきます。

コメントを残す