[社会の窓]これも規制緩和だった

かなり久しぶりに、東京ディズニーシーへ行ってきた。

相変わらずの混雑…。

以前に比べると、ちょっと待ち時間が苦痛になってきた気がするのと、園内の移動を楽にしたいという気持ちが強くなったような気がする。

久しぶりだったせいか、年齢のせいか…。

東京ディズニーシー内の移動手段のひとつに、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイがある。

東京ディズニーシーの「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」全区間高架の「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」

東京ディズニーランドの「ウエスタンリバー鉄道」東京ディズニーランドにも、ウエスタンリバー鉄道があるが、こちらは一駅しかなく、移動手段になっていない。

ディズニーシーとディズニーランドの鉄道にどうしてこのような違いがあるのか、以前から気になっていたが、調べてみると、興味深いことが分かった。

それは、東京ディズニーランドが建設された1983年当時の法律(地方鉄道法)による制約で、移動手段(つまり、乗客を乗せて二点間を結ぶ)となる鉄道路線は、私有地内であったとしても、運賃やダイヤ(時刻表)などを設定しなければならなかったというのだ。

そのため、東京ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道は移動手段とすることができなかった。

その後…

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

地方鉄道法は廃止されるとともに新たに鉄道事業法が施行され、この規制は緩和された。1987年4月1日のことだ。

そのおかげで、2001年に開園した東京ディズニーシーの、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイは、移動手段としての鉄道が設定できたらしい。

こういったところで、“規制緩和”の影響が見えるって、なんだかおもしろい。

[社会の窓]これも規制緩和だった” への4件のコメント

  1. ろんさん、はじめまして。
    実は乗務員トラブルのブログから、拝見させて頂いてるのですが、今回初めて書き込みさせて頂きました。結構、ろんさんとの共通事項があって、ほぼ毎日楽しませて頂いてます。

    ディズニーランドの方は、法律規制で出来なかった為、一つの駅を一つの線で結ぶ一周方式ですね。折角、規制緩和されたのだから、もう一つぐらい駅を途中に新設しても良い気がしますが。

    ディズニーシーの方は、行きと戻りで、同じ路線のはずなのに、2つのアトラクション扱いになってます。なんだかなぁとは思いますが、何故、そうなっているのかは謎ですねww

  2. ≫ 天河かなめさん
    はじめまして。初コメントありがとうございます!

    そうそう、ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道にも途中駅が欲しくなりますね!

    たしかに、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの2つの駅が別々のアトラクション扱いになってるのは、最初、僕も不思議に思ったのですが、行ってみて分かりました。
    これは、おそらく乗車待ち時間をハッキリさせるため…ではないでしょうか。日曜日に行ったとき、極端に違うということはなかったのですが、5分~10分くらい違いがあるときがあったので、気付きました。

    また、お気軽にコメントくださいね。これからも、どうぞよろしくお願いします!

  3. >ろんさん
    目から鱗です。アトラクションの件、納得しました。
    確かに、3編成~とかになってくると、乗車待ち時間が微妙に変わってきますからね。と言っても、流石に1時間待ちとかは無いと思うので、実際、どれ程の事もないとは思いますけど。
    詳細を伝えると言う、ディズニー的な考えなんでしょうね。

    私の趣味に、鉄道含む、旅行等もありますので、また気になる話があったらコメントさせて頂きたいと思います。
    これからも宜しくお願いします。

  4. ≫ 天河かなめさん
    久しぶりに行って実感したんですが、アトラクションの待ち時間って、短時間で、かなり変動するんですね。
    詳細な情報を提供することで、できるだけ多くのゲストに楽しんでもらおうという意図がよく分かりますね。
    ありがとうございます。話題はあちらこちらに飛ぶブログですけど、気になる記事があったら、ぜひぜひ、コメントくださいね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください