[社会の窓]2014年の桜

一昨日、気象庁は、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。

毎年見に来る桜も、かなり咲いてきた感じ。

毎年、この桜の咲いている期間は、季節の変化と一緒に、「また一年経った」ということを、必ず実感させられてしまう。

この節目みたいな感覚、なんだか、正月にも似てる。

けれど、ちょっと考えてみると、やっぱり違うところも多い。

正月は、あらかじめ日程決まっているが、桜は天候に左右されて毎年変わる。

最近はあまり正月らしさがなくなりつつあるが、桜は確実に数日間は否応なく視界に入る。

満開の桜を見ていると、あれやこれやと、いろんなことを考えてしまう。

この見事な花が、すべて散ってしまう。

例外なく。

運命とか、宿命とか、定めとか…

あんまり難しいことを考えるのはやめよう。

今日から4月。

いろいろあるだろうけど、元気に頑張っていこう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください