[社会の窓]梅園で10年の時を思う

「梅園のウメをすべて伐採」

何かの聞き間違いかと、耳を疑った。

しかし本当だった。

プラムポックスウイルスに感染してしまった場合、現在は治療のすべはなく、伐採するしか選択肢がないという。

地元の人たちにとっても、とてもつらい事態であることは、容易に想像できる。

事態は想像以上に深刻だったなんとか復活して欲しい

伐採後、3年間のブランクを開けて、ウィルスの発生がないことを確認できて、ようやく、この地にふたたびウメを植樹することができる。

観梅ができる状態になるまでは、最低でも10年掛かるという。

10年後は…2024年。

過ぎてしまえばあっという間なのかもしれないが、やっぱり、遠い将来のような気がする。

2020年開催の東京オリンピックですら振り返るほどの時期だ。

そのころの日本は、そして、自分は、どうなっているんだろう?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください