[社会の窓]鉄塔というパワースポット

鉄塔に見とれる街歩きをしていて、気になるもののひとつに、送電線の鉄塔がある。

気にならない人はちっとも気にならないのだろうけど、好きな人は、本当に好きで、詳細に研究している人も少なくない。

僕は極めてライトなファンなので、ただなんとなく好き…というレベルだ。

遠くから見るも良し、そして、今回のように、真下から見上げるも良し。

鉄塔の真下って、なんか好き

なぜ惹かれるのか?、そのポイントをあらためて考えてみる。

まず、送電線の鉄塔は“合理的で無駄のない姿”という点。

これは、いわゆる“工場萌え”に近い。

さらに加えて、鉄塔に感じること…それは“電磁波”とか“落雷”といったこと。

いずれも危険な香り?がすることだが、それがより惹かれる要素のような気がしている。

文字通りパワースポットみたいに。

[社会の窓]鉄塔というパワースポット” への2件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください