[社会の窓]吹雪のなかの赤煉瓦駅舎(その2)

先週に引き続いての大雪が降り始めていた昨日の夜。

文化庁メディア芸術祭の帰りに、また東京駅赤煉瓦駅舎に寄ってみた。

前回写真を撮ったとき、あるテクニック?を知り、それを試してみたくなったからだ。

今日も、先週に引き続いて、やっぱり大勢の人たちが集まってきている。

まぁ例によって、僕もそのひとりではあるのだけど。

で、そのテクニックというのが、あえてフラッシュを使用するというものだ。

夜景…特に遠くの建物などを写すときは、フラッシュを使わないのが普通だ。

しかし、こういう雪が舞うシーンでは、フラッシュを使用することで、舞う雪が光って、印象的な写真になるらしい…。

なかなか、いい感じの写真じゃないか!と、ちょっと嬉しくなった。

ちょっと、しつこいけど、丸の内のイルミネーションでも試してみる。ときには、こういった感じの写真もおもしろい。

2 thoughts on “[社会の窓]吹雪のなかの赤煉瓦駅舎(その2)

  1. こんにちは。同じ週末に降った大雪でも観測史上例に無い降雪で日常生活に支障が出ててるこちらと違い、そちらはまるでイベントですね。

  2. ≫ ともろえん さん
    東京でも徐々に影響が出始めています。実際、近所のスーパーでも欠品が目立つようになりました。この状況を考えると、僕もイベントに“乗ってしまった”感はありますね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください