[社会の窓]大時計

正面に大きな時計が掲げられた建物というのは、とても印象的だ。

かつてはその周囲に高い建物がなく、高い場所に時計を掲げることで、実際に“時”を知らせるという役目も果たしていたのだろうが、いまでは、その時計を見て時間を知るということは、あまりなく、デザインの一部…という感じになっている。

でも、やっぱり建物の大時計は、時を知らせるという機能だけではなく、時代を超えて、その存在感は見る人を魅了するなぁ…と、今日、東京駅前のJPタワー行ったとき、そう思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください