4021 30年振りに歩いた街は寂しかった

昨日、秘密基地跡を見て歩きながら、あちこち寄ってみた。

  • 遊んでいた空き地には、一戸建ての住宅が建ち並んでいた…
  • 缶蹴りをしたマンションが、自分の記憶に比べてはるかに小さかった…
  • 盆踊り大会をしていた空き地は、お寺関連の建物が建っていた…
  • 賑わっていた小さな個人スーパーが店の大部分を閉めて自販機に占領されていた…

住宅やマンションの街並みを歩いているとき、懐かしさ以上に、寂しさを感じた。

新しい建物だってたくさんあるのに、どうしてそんな気がしたのか、最初よく分からなかった。

しばらく考えてみて、気が付いた。

つまり、僕の記憶している風景と重ね合わせたのは、築30年以上の建物ばかりだったということだ。

無意識のうちに、新しい風景にフィルターをかけ、自分の知っている風景だけを比較しているから、どうしても古さばかりが印象に残ってしまうのかもしれない。

だとしても、老朽化するに任せた建物を見るのは、何とも切ない気分になる。

昨日の夕方は、急に気温も下がり風も強かったせいか、人の姿をほとんど見掛けなかったことも、切ない気分に拍車を掛けたのだろう。

時の流れというものを痛いくらいに感じさせられた散歩だった。

2 thoughts on try kamagra for free4021 30年振りに歩いた街は寂しかった

  1. ロンさん

    都会は本当にめまぐるしいですね。
    偶然にも同じような事を思っていましたが
    今の年齢ってそういう時期なんですかね?
    自分が年寄りっぽくって嫌だな〜なんて思ったりもしますが
    反面、遺構や神社とかに癒される昨今…..まぁそれでいいか、とも(笑)

  2. ≫ ぶりさん
    まさに、僕も年寄りっぽいよなぁ…なんて思うんですが(笑)、この感覚って無意識なんですよね。
    でも、この年齢になったからこそわかることもある…となれば、年齢相応に楽しめばいいんでしょうね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください