[社会の窓]旧塗装ラッピングバス

都営バスの運行開始90周年を記念して、旧塗装のラッピングバスのお披露目があった。

僕が東京都民になったときには、すでにいまの塗装になってしまっていたので、実は、旧塗装の思い出はまったくない。

車体はまったく違うのであくまでも“雰囲気”に過ぎないけど、当時を知る人は懐かしめるし、知らない人には、旧塗装がすごく新鮮に見える。

ともすれば下品にも思える全面広告ラッピングには、ときどき辟易するが、こうしたラッピングは歓迎だ。

けれど、都営バスって、いまのカラーリングが一番しっくり来ると思えるのは、単に慣れの問題かな?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください