1月31日 4025 名所江戸百景「霞がせき」

「名所江戸百景」は、歌川広重の最高傑作と言われる、江戸時代末期の風景を表現した連作浮世絵名所絵だ。 以前から、過去と現在を対比することに興味がある。理由は分からないけど、すごく楽しい。 ふと、この「名所江戸百景」で描かれ … 続きを読む


1月30日 4024 インターメディアテク

久しぶりに、JPタワー、商業施設KITTEへ。 ここへ来るのはオープンしてから2度目だが、以前から訪れてみたいところがあった。 それは、KITTEの2階と3階に、東京大学と日本郵便が連携した新しい文化施設インターメディア … 続きを読む


1月30日 [社会の窓]大時計

正面に大きな時計が掲げられた建物というのは、とても印象的だ。 かつてはその周囲に高い建物がなく、高い場所に時計を掲げることで、実際に“時”を知らせるという役目も果たしていたのだろうが、いまでは、その時計を見て時間を知ると … 続きを読む


1月30日 4023 万能・・・

新型万能細胞「STAP」の発見。 外部からの単純な刺激だけで細胞の役割が“リセット”され、それが、あらゆる組織、臓器に変化する…なんていう、これまでの常識からは考えられない発見というのが、なんだか、とても、わくわくさせる … 続きを読む


1月29日 4022 これも日本の風景

数年前、上海を旅行したとき、すごく印象的だったところのひとつが、道路工事現場だった。 上海では、あくまで歩行者の自己責任というふうに、気をつけるのはあくまで歩行者といった感じだった。 つまり、ちゃんと足元を見ていなければ … 続きを読む


1月28日 「ガード下」の誕生/小林 一郎
photo

「ガード下」の誕生――鉄道と都市の近代史(祥伝社新書273) 小林 一郎 祥伝社 2012-04-03by G-Tools , 2014/01/25   高架橋を走る線路の下…つまり、ガード下は、独特な空間だ。 … 続きを読む


1月27日 4021 30年振りに歩いた街は寂しかった

昨日、秘密基地跡を見て歩きながら、あちこち寄ってみた。 遊んでいた空き地には、一戸建ての住宅が建ち並んでいた… 缶蹴りをしたマンションが、自分の記憶に比べてはるかに小さかった… 盆踊り大会をしていた空き地は、お寺関連の建 … 続きを読む


1月26日 4020 秘密基地跡を見に行く

先日、秘密基地の本を読んだが、ふと僕がかつて作った秘密基地があった場所がどうなっているのだろう…と気になって、実家のある川越に行ったついでに、散歩がてら見に行ってみた。 まずは、近所を流れる川を渡る橋に向かう。 この橋の … 続きを読む


1月26日 4019 いつもと違う列車で川越へ

所用があって、実家のある川越に行くことになった。 せっかく電車に乗るなら、あまり乗る機会のないルートで…と思うのは毎度のことで、今回は、JR武蔵野線北朝霞駅にやってきた。 むさしの号は中央線や武蔵野線沿線から、大宮に向か … 続きを読む


1月25日 秘密基地の作り方/尾方孝弘 のりたけ
photo

秘密基地の作り方 尾方孝弘 のりたけ 飛鳥新社 2012-05-12by G-Tools , 2014/01/25 秘密基地!…なんて、甘美で魅力的な響きだろう。 子どもたちだけで作る隠れ家的な遊び場…恐らく、子どもなら … 続きを読む