[社会の窓]大規模土木工事現場でワクワク

大井ジャンクション(品川区)と、大橋ジャンクション(目黒区)を結ぶ、首都高速中央環状品川線は、来年度末の開通を目指して建設が進められている。

これによって首都高速中央環状線は全線開通し、都心の交通はより一層スムーズとなって、渋滞の緩和や環境負荷が軽減されるはずだ。

とても大規模な工事でありながら、工事は主に地下で進められているため、なかなか工事の進捗はわからないし、場合によっては、気がついたときには完成…なんてことにもなりかねない。

だから、今回、たまたま見学会に参加できたのは、本当にラッキーだった。

工事の説明を聞きながら、

「すげー」

…と、単純に思う。

自分の理解を遙かに超えたプロジェクトを目の当たりにすると、なぜか妙に興奮して、その現場にいられるという状況にワクワクしてくる。

こういったワクワク感を覚えるようになったのは、大人になってからだった。

もし子供のころから感じていたら、人生変わっていたかも。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください