震える牛 (小学館文庫) /相場 英雄

photo

震える牛 (小学館文庫)
相場 英雄
小学館 2013-05-08
by G-Tools , 2013/11/26

 

【ネタバレあり】

文庫本の推理小説を読むのは久しぶりのような気がする。

本書は、ちょっと前のベストセラーだったそうだ。

2年前に起きた未解決事件を追う刑事と、日本最大のショッピングモールの大番頭の2人が軸となって物語は展開する。

いまの日本の抱えるさまざまな問題を、物語の中に、うまい具合に織り交ぜている。

本来食用ではない飼料向けの肉を“加工”して“食品”に偽装…
捜査の不手際を表沙汰にしないようにする警察組織の隠蔽体質…
巨大ショッピングセンターの地方進出で“買物難民”が生まれ、地方が疲弊…

現実でも起きていると、リアルに感じられる部分も多かった。

全体的に読みやすく、わかりやすかった。

しかし、ページをかなり残した段階で、犯人がハッキリしてしまったために、大きなどんでん返しが来るかと思ったら、これと言ってヒネリがなく、ちょっと拍子抜け。

ちょっと意外な結末ではあったものの、結局犯人は想像通りだただけに、後半は、冗長な感は否めなかったのは残念だった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください