[社会の窓]国立霞ヶ丘陸上競技場

もともとスポーツに縁のない僕にとって…実は、特に思い入れはない。

でも、ここには歴史の積み重ねがあるということは、よくわかっているし、今回訪れてみると、それを一層強く意識した。

とにかく暑い午後。

刺すような日差しに照らされた観客席が、まるで、何かの芸術作品のように見えて美しかった。

この光景もあと1年。

屋根付きのスタジアムに生まれ変わると、もう二度と見られなくなるのは、仕方がないとはいえ、やっぱり惜しい。

今回訪れてみたことで、新たな思い入れのある場所になった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください