3864 特別展「深海」

特別展「深海~挑戦のあゆみと驚異の生きものたち」を見学するため、上野にある国立科学博物館に向かった。

ふだんは17時までだが、金曜日だけ20時まで延長開館している。

金曜限定で「ペア得ナイト券」という割引チケットがあるせいか、カップルでの入場も目立つ。

さすがに行列になるほどではないが、お客さんの数は多い。

深海に関する予備知識を学びつつ、進んでいくと、深海調査船「しんかい6500」の実物大模型があらわれる。
ちなみに、しんかい6500の実物大模型は、お台場の日本科学未来館にもある。

若い女の子たちが興味を持って見学してたのが印象的だった。

 

深海の過酷な環境で生きる、動物たちが、パネルや標本などで紹介されている。

遠すぎていけない宇宙とは違って、直線距離にして、わずか数百メートルからせいぜい数キロしかない場所なのに、わかってないことがたくさんあるというのは、何だか不思議。

 

 

地表に違い動物では考えられない、変わった動物がたくさんいる。

原寸大マッコウクジラのが目の前にあらわれた。

世界最大の動物は、シロナガスクジラで、こちらと比べるとマッコウクジラは、はるかに小さい。

シロナガスクジラは、オキアミのようなプランクトンばかり食べてるが、マッコウクジラは、肉食ということもあって、何だか怖い。

まぁ、そう出会うこともないんだけど。

 

そのマッコウクジラが餌のひとつとして食べるのは…そう…ダイオウイカだ。

今回の特別展が企画されたのは、NHKが、ダイオウイカの生きた様子を世界で初めて撮影に成功した映像が話題を呼んだからだ。

今回の企画展の主役は、ダイオウイカ。

記念写真スポットも用意されている。

最後は、意外と知られていない深海と自分たちの生活との関わりを紹介するコーナーだ。

知らず知らずのうちに、けっこう深海魚を食べている。弁当で入っている、白身魚などは、深海魚であることが多い。

最後は、お約束?の、お土産コーナー。

まず目に飛び込んできたのは、巨大なダイオウイカ!

なんと、実物大!
全長6m。価格は200,000円。もうちょっと小さい3.5mは31,500円。よりコンパクトサイズは、3,500円。
 

ダイオウイカのぬいぐるみや、関連グッズをはじめ、深海生物のぬいぐるみ、文具、お菓子などなど…

くだらねー…なんて思いつつ、つい欲しくなってしまうのが悔しい。

 

 

3864 特別展「深海」」への7件のフィードバック

  1. ロンさん

    もう行かれたんですね!私も早く行かねば!!

    展示もさることながら20万のぬいぐるみ….
    着払いで知り合いに送りつけたくなりました(笑)
    しかしサイフの紐がゆるみそうなグッズが多そうだなぁ〜

  2. ロンさん、こんばんわ。

    私は本日、子供と横浜のマンモスYUKA展に行ってきました。
    そこにダイオウイカ展のちらしも置いてありましたよ。
    けど、マンモスYUKA展のグッズコーナーには原寸大のYUKAは置いてなかったですねぇ。気合いの違いでしょうか?

  3. ≫ 固形石鹸さん
    直線距離にしたら、自転車で数分くらいで行けてしまうくらいの場所なのに、こんなにも未知な神秘的なんて、すごく不思議ですよね。

  4. ≫ sam_toshさん
    そういえば、マンモスYUKA展は、ちょうど始まったばかりですよね。
    深海展にも、YUKA展のちらしが置いてあって、もらってきました(笑)
    マンモスの原寸大ぬいぐるみって、インパクトはすごそうです。
    ずいぶん以前に、マンモス展を見に行った記憶があります。
    マンモスって、ときどきブームになってたような気もします。

  5. イカのぬいぐるみも可愛いけどその下のタコ(でしたっけ?)のぬいぐるみがとってもキュートですね!

  6. ≫ A棟住人さん
    メンダコですね。あのぬいぐるみが、ちっともデフォルメしたものではなく、本当に実物もあんな感じなのがいいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください