[社会の窓]思い出

解体や撤去、終了などが決まった場所に佇む。

こんな、いま見ているものが、そういった言葉と無縁な雰囲気であればあるほど、より一層、そのギャップを強く感じて、よけいなことまで考えてしまう。

どんなものでも、終わりは来る。

これは、抗えようのない、自然の摂理だ。

ただ人間に許されたものは、見たもの、体験したことは、思い出にすることができるということだ。

そして、その思い出を、どうするかによって、その後の人生すら変えてしまうかもしれない。

思い出には力がある。

…なぁんてなぁ…。

もっとも、僕には、ピカチュウとの思い出は皆無なのだけどね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください