モノレールねこ/加納 朋子

モノレールねこ
モノレールねこ

posted with amazlet at 13.05.30
加納 朋子
文藝春秋
売り上げランキング: 529,781

 

 

ちょっと不思議な8つの短編集だ。

「不思議な短編」で、ふと思い出したのは、フジテレビのドラマ「世にも奇妙な物語」だった。 最近は、ガッカリさせられることが少なくないが、この本は、いずれも思わず引き込まれてしまう話ばかりだった。

なぜこの本を手にとったのか? それは、もちろん?僕が「モノレール」という言葉に反応したにすぎない。

モノレールねこは、太ったねこが、まるでモノレールのように塀の上を歩く様からそう呼ばれただけで、けっして、鉄道趣味的な観点でのモノレールではなかった。

でも読み進めていくうちに、そんなことはどうでも良くなって、どの作品も、話に引き込まれた。

特に一番気に入ったのは「バルタン最期の日」という作品。

バルタンとは、ペットとして飼われたアメリカザリガニの名前だ。この作品は、なんと、アメリカザリガニが主人公の話なのだ。

まったく予想外な展開…そして最期…。まさか、僕がザリガニが主人公の話に涙するとは思わなかった。

この著者の作品は、これまで読んだことがなかったが、いずれもすごく面白く、興味が出てきたので、今度探して読んでみようと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください