原子力報道/柴田鉄治

原子力報道

posted with amazlet at 13.04.25
柴田鉄治
東京電機大学出版局
売り上げランキング: 297,009

 

福島第一原子力発電所の事故は、いまでも収束したとはほど遠い状態だし、全国の原子力発電所の再稼働も世論の反発もあり、その道筋は不透明だ。

一時期に比べると落ち着いたが、世論の方向性は原発反対、もしくは縮小方向へ…というのは間違いないだろう。

しかし、いまではちょっと考えられないが、かつて世論も、産業も、大学も、原子力に対して、バラ色の未来を描いていた時代があった。

1950年から1960年代にかけて、原子力というものが“ブーム”と呼ばれるような状況とだったという。

そういえば、原子力をエネルギー源として動く、鉄腕アトムが登場したのは、1950年前半だったな…なんてことを思い出した。

日本初の原子力船むつの進水式(1969年6月)に、皇太子夫妻(現天皇皇后両陛下)を迎えたというエピソードが紹介されていたが、世論が割れるような行事に皇室が参加することは絶対にあり得ない…というのには納得。当時の状況をよく表している。

賛成一色だった世論は、アメリカのスリーマイル島事故(1979年3月)以来、その割合を徐々に減らし、チェルノブイリ事故(1986年4月)で、完全に反対派が逆転する。

かつて新聞記者だった著者が自戒を込め、原子力報道で、報道(メディア)がどのような失敗を重ねてきたかを5つにわけ検証する。

  1. 原子力の特異性を強調しなかった
  2. 推進派よりも反対派に厳しかった
  3. 原発批判は“原子力ムラ”に届かなかった
  4. 原子力行政をチェックできなかった
  5. 発表依存で「何が起こったのか」に肉薄しなかった

日本にとっての原子力との出会いは、原子爆弾だった。

にもかかわらず、多くの日本人は「軍事利用は悪、平和利用は善」と見事に割り切ってしまったという歴史はまぎれもない事実だ。

しかし、原子力を積極的にリードしたのはメディアだった。日本の原子力の父と呼ばれた正力松太郎は読売新聞の社主だったし、それがよくわかるエピソードが、1955年( 昭和30年)の第8回新聞週間の標語だ。

新聞は世界平和の原子力

一瞬、目を疑うというか、どういう意味だかわからなかった。

前年(第7回)の新聞週間の標語は、「新聞は正しい政治の見張り役」、翌年(第9回)が「新聞に今日もいきてる民の声」 と並べてみると、いかに原子力に傾倒していたかがわかる。

また、1976年(昭和51年)、原発反対派を徹底的に批判する朝日新聞の連載記事が掲載され、抗議は殺到したという話は、原子力の未来を信じ、称賛していたメディアが、自らの面目を保たせたいがために、辻褄合わせしたようにすら思えてしまう。

ビックリするくらいのメディアの“手のひら返し”は、今に始まったことではないが、こうした歴史を振り返ると、あらためてメディアを鵜呑みにすることの危険を痛感する。

2 thoughts on “原子力報道/柴田鉄治

  1. ろんさん
     私は、2年間2箇所の原発を横目に見ながら通勤していました。
     また、職場の周囲には関連施設や住宅もあり、まさに原発立地地帯のど真ん中で仕事をしており、国や企業からの資金の一部で仕事をしていました。
     その間、地元の人と接するたびに、もうこの場所には選択肢は無かったのだということでした。人もおらず、産業もない。

     言うまでもなく、何か有っても被害を被る住人が少ない過疎地に原発を造って、消費地に給電する。
     石油の埋蔵量が限られていると言われた時期に、立地が限られる水力発電より、原子力が選ばれたのは当然でしたし、建設された時期には、大規模な事故の想定などされていなかったのですから。
     地元にしてみれば、まさに、我がムラに鉄腕アトムがお金を持ってやってきたってなもんです。
     当時のマスコミも事故に対する知識は無かったでしょう。
     だからこそ、今基本に立ち返って考えるべきなのです。
     故障と廃棄物の処理さえ徹底すれば、当面自然に最も影響が少ない電力源は原子力であるのは確かですし。
     しかし、科学が及ばない自然があることを知ったのですから。

     次世代のエネルギーといわれるメタンハイドレートから得られるメタンが、CO2の数十倍の温室効果があることも知っておく必要がありますしね。

  2. ≫ planar さん
    原発とはかなり身近だったのですね。
    僕自身、高校時代には東海村の原発を見学に行くなど、以前から、なぜか原発には興味を持って接してきました。
    そういったこともあって、それなりに冷静に判断してきたつもりだったのですが、事故以来、実は、かなりの思い込みの上に成り立っていた知識だったということを思い知らされました。

    その後、原発の受け入れは、地元が積極的に…というのではなく、planarさんの仰るように、もう受け入れるしか選択肢は無い状態だったということを知りました。
    ともすると、「受け入れて自治体に問題がある」と受け取れる論調が見られることがありますが、問題はそこに収斂するわけではないし、少なくとも、首都圏に暮らす人たちは、原発によるメリットを享受して来たことも紛れもない事実です。
    planarさんの仰るように、基本に立ち返って、あらためて考えてみるべきですね。感情論だけではダメ、経済性だけでもダメ。
    あらゆるバランスを考えて、まずは何らかの結論を出すべきだと思います。いまが一番中途半端で、それこそ先行きが不安です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください