祈られる者たち/NHK-FMラジオドラマ(2013.3.2)

先日、ラジオドラマに関する記事を書いた。

これはラジオドラマと言っても、四半世紀前の録音を聴いた話だったが、コメントいただいたサムトッシュさんから、“現在”放送中のラジオドラマを教えていただいたので、さっそく聴いてみることにした。

NHKFMで、土曜日22時~22時50分に放送されている、FMシアターだ。毎回1話完結というのが、聴きやすくてありがたい。

今回のお話は、こんな感じ。

あらすじ:働くことに実感がわかず“のんびり”就職活動をする、宮崎の私立大学生・黒木琢磨。面接では、バイトにサークルと“ありきたり”な話で、「祈られて」(不合格)ばかり。福岡の企業面接からの帰りの高速バスで、琢磨は県外で“バリバリ”就活する国立大学の日高みなみと出会う。彼女に誘われ、やってきたのは“スパルタ”就活塾。塾長の権藤による面接の猛特訓が始まる。「なぜ働くのか?」「自分の個性とは?」琢磨とみなみは答えを見つけ、内定を勝ち取ることができるのか?笑いあり涙あり、恋愛あり?の青春“スポコン”ドラマ。

タイトルの「祈られる」…

これは、面接結果通知で、企業からの締めの言葉が、「ご活躍をお祈りします」というとき、面接が不合格…ということを意味する。

実は、この表現は、つい最近知ったのだけど、言い得て妙というか、うまいこと言うなぁ…と感心してしまった。

…が、当事者にしてみたら、そう何度も何度も祈られては、たまったものではないだろう。

自分が就職活動したときはどうだっただろうなぁ…と思い出しながら聴いた。

もし、また就職活動をしなければならなくなったら、きちんと「なぜ働くのか?」「自分の個性とは?」を説明できるだろうか?と不安になってきた。

主人公の黒木くんはどうしたか? このままだと何も変わらない!と考えた彼は、丸一日掛けて歩き通す“100kmウォーク”に参加することを決める。

これは、どうしても“自分の言葉”が出てこないのだったら、身体を使ってひねり出そう…ということだった。

道中、自分の父親と同じくらいの男性と、会社や仕事について会話をしているうちに、気持ちの変化が起きる。

歩き始めたころは、何にもないただの田舎道と思っていたら、よく見ればいろんな小さな会社がたくさんあった…というフレーズが印象的だった。

景色そのものは変わらない。ただ見ていなかっただけなのだ。見方を変えれば見えてくることがあるということだ。

僕は、大学卒業していまの会社に就職し、幸か不幸か、ずっと同じ会社に勤めている。

惰性とまで言わないけど、強い意志のようなものは薄れてしまっているのは事実…かな?

もっと基本的というか単純に、「何にやりがいを感じるか?」とか、「仕事を通じて、人に喜んでもらう」といったことに、もっとこだわりを持つべきなのかもなぁ…と。

そのほうが、きっと、もっと楽しく仕事ができるんじゃないか思った。

祈られる者たち/NHK-FMラジオドラマ(2013.3.2)” への6件のコメント

  1. ろんさんのブログにFMシアターの感想が掲載されているなんて。。。うぅ、目の前が涙で何もみえません。四半世紀ぶりにラジオドラマをナマで聴いた人が、批判的でない形で感想を書けるなんてさすがです。感服いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ≫ サムトッシュ さん
    お返事が遅くなって申し訳ありません。実は月曜朝から体調を崩しておりました。
    自分の記事やコメントが、知らない誰かの生活や考えに影響を及ぼすって、すごく不思議な感じがしますね。こちらこそ、素晴らしいきっかけを作ってくださって、ありがとうございました。

  3. 体調いかがですか?もう治られましたか?今、ウィルス性腸炎は流行っているみたいですね。ご自愛くださいませ。
    ろんさんのサイトからは、いつも知的好奇心を刺激させていただいております。きっと、そういう人は多いと思いますよ。今後とも、身体に気をつけて、サイトの更新を続けていってくださいね。

  4. ≫ サムトッシュ さん
    おかげさまで、だいぶよくなりましたが、今日から普通に出社したものですから、正直、まだ身体が追いついていない感じで、夜になってちょっとぐったり・・・です。
    身に余るお言葉ありがとうございます。今後とも、Twitterとも、Facebookとも違ったペースで、引き続き、更新をしていきたいと思いますので、また見てやってください。

  5. ≫ かしのとも子さん
    こうしてラジオドラマに出演された方からコメントいただけるのも何かの縁ですよね…ありがとうございます!
    しばらくラジオドラマから遠ざかっていたのですが、また久しぶりに聴いてみたくなりました。

コメントを残す