3726 上弦の月

大学時代の友人たちとの新年会を終えて帰る途中、空を見上げたら、きれいに半分に割れた月が見えた。

時間もだいぶ遅かったけど、“気がついてしまった”ので、望遠鏡で見てみようと思って、自宅に帰ってすぐに、望遠鏡を取り出して、眺めてみた。

月を見るまでの準備は、比較的すぐにできるようになって来たが、写真を撮るのは、まだまだ難しい。

せっかくきれいに撮れても、写真は中心からずれてしまっていたり…

補正を掛けないといけないくらい暗く写ってしまったり、目で見たままの状態が、どうしても写真にならないもどかしさ。

“気がついた”たびに、写真を撮って、経験を積み、慣れていくしかないのだろうなぁ…。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください