[社会の窓]もうすぐクリスマス

長々と続いてきたクリスマスシーズンもようやく?大詰め。

例年に比べて、今年はちょっと短い気もしたけど、それでも1ヶ月以上は続いてきた気がする。

写真は、昨日出掛けてきた東京ミッドタウンにて。

クリスマスのイルミネーションやデコレーションを見るとワクワクする一方で、ちょっと苦手でもある僕にとっては、同時に居心地の悪さも感じる。

やたらと聞こえてきた、Wham!(ワム!)の、「Last Christmas」(ラストクリスマス)も、和訳を見てみると悲しい曲だったんだと、あらためて実感。

去年のクリスマス 君に僕の心を捧げた
でもその翌日には もういらないと。
今年は 涙を流さないために
僕の心を捧げるのは、ほかの誰かにするよ。

そりゃあ、何度も聞かされたら、落ち込むってもんだ。嫌いな曲じゃないけど。

クリスマスソングと言えば、山下達郎の「クリスマスイブ」は、新幹線のCMのイメージもあっていいのだけど、実かこれも、悲しい曲だ。

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう
Silent night, Holy night
きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ

だって、ひとりきりだもの。

槇原敬之の「雪に願いを」は、数あるクリスマスソングのなかでも、ちょっと好きな曲だ。

もしも雪が降ったら
電話代すごいだろうな

…と、時代を感じさせる部分や、

何度もくり返す
一生のお願いに
神様も苦笑い

…たしかに、そうだろうなぁ…と思うところも。

ひとりきりのクリスマスイブと歌った山下達郎に対して?、

例えばひとりの夜でも
君のこと思ってる人は
必ずいるから

…と歌い、

サンタが忙しい今夜
みんなに素敵な
笑顔つもりますように

と、締めくくるこの曲は、苦手だなと思う気持ちがちょっと和らぎ、気持ちが優しくなれる気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください