ワンス・アホな・タイム/安東 みきえ

■文学・評論, 龍的図書館

ワンス・アホな・タイム
安東 みきえ

理論社

例によって、たまたま、新刊本として、図書館で手に取ったからよかったものの、正直、タイトルからでは、どんな内容の本なのかよくわからない。

本書は、「むかしむかし…」で始まる王や王妃たちのお伽噺集。

「お伽噺だけど、あまり子供向けではないな」

…と、読みながら思っていたら、そもそも、僕が、お伽噺と童話を混同してしまっているがための誤解だったようだ。

「こんなオチ!?」と、駄洒落というかオヤジギャグのような話や、意外な展開や結末の話など、気楽に楽しめる話が、7編収録されている。

いずれの話も、読みやすくて、おもしろく、肩肘張らずに読めるものばかり。

最初の「おめざめですか、お姫さま」は、いわゆる“隣の芝生は青い”的な話で、ありがちと言えばありがちだけど、ちょっと考えさせられた。

Posted by ろん