3451 メガワットとキロワット

昨日、リンクをたどっているうちにこんなニュースを見かけた。

ソフトバンクグループで太陽光発電事業を展開するSBエナジーは、京都、群馬、徳島において、計12.2MWのメガソーラー(大規模太陽光)発電所を建設すると発表した。同社は、全国に複数拠点、合計200MW以上のメガソーラー建設を目指しているが、具体的な建設計画が発表されたのは初めて。

気になったのは、この発電規模だ。
“大規模”太陽光発電所というのはどれくらい大きいのだろう。12.2MW(メガワット)という単位がよくわからない。
メガというくらいだから、かなり大きい…に違いない。

原子力発電所と比較してみる。

福島第一原子力発電所は1号機から6号機まであって、出力が最も大きい6号機は110万キロワットだった。

あれ、メガワットとキロワット…単位がよく分からなくなってしまった。

メガとキロというのを聞くと、~バイトという単位を使うことならよくあるので、それを参考にしてみると…。

1,000キロバイト = 1メガバイト
10,000キロバイト = 10メガバイト
100,000キロバイト
(10万キロバイト)
= 100メガバイト
1,000,000キロバイト
(100万キロバイト)
= 1,000メガバイト

ふつう10万キロバイトとか、100万キロバイトという 表現はしないので違和感があったのだ。

で、これをワット に当てはめる。

1,000キロワット = 1メガワット
10,000キロバイト = 10メガワット
100,000キロバイト
(10万キロワット)
= 100メガワット
1,000,000キロワット
(100万キロワット)
= 1,000メガワット

冒頭の、12.2メガワットというのは、1万2,200キロワットということになる。

福島第一原子力発電所6号機が110万キロワットだから…

“メガソーラー”3カ所の発電所を合計しても、わずか100分の1の規模でしかない。

そう考えると、良い悪いではなく、原子力発電というもののパワーのすごさを否応なしに思い知らされる。

3451 メガワットとキロワット” への2件のコメント

  1. 太陽光発電は、日照時間が限られていて、1日4時間しか発電をしませんが、原子力発電は一日中発電します。このことを、間違えている人がいます。つまり、同じ100MW/hの発電所ででも、太陽光発電所は6分の一しか発電しません。日常費用がただとはいえ(燃料代がただ)投資コストの割には、発電量が全く少ないわけです。これから出てくるパーム油などの再生可能エネルギー発電では、太陽光発電より、投資コストが安い上に、燃料代はかかるけれども、原子力並みの発電量を得ることができるために、注目されてきているわけです。

  2. ≫ T.Yoshibaさん
    コメントありがとうございます。
    なるほど…言われてみれば…、あまりにもわかりやすいことなのに、たしかに意外と意識しないですよね…。
    とはいえ、震災以前では考えられないくらい、太陽光発電は増えてきましたし、再生可能エネルギーの研究が進んできました。
    特定の発電手段に偏るのではなく分散することの大切さをあらためて実感します。

コメントを残す