夕日に向かって走る江ノ電

ここ最近、鉄道ネタが続いているので、社会の窓も、それにならってみようと思います。

この写真は、2010年1月に江ノ島へ出掛けたときに撮ったものです。

江ノ電は、この鎌倉高校前駅あたりは海に沿って走るため、とても絵になることから、映画やドラマ、CMなどでも多用されています。

多少?ミーハーな面を持ち合わせている僕としては、以前から、行ってみたいと思っていたところでしたが、なかなか機会がなく、友人に誘われる形で、ようやく行けたのが、この日でした。

だいぶ日が落ちて、あたりは暗くなってくると、それまではっきりと見えていたものが、だんだんと見えづらくなってきました。

そこへ夕日の光を受けた電車が通り抜けると、まるで鉄道模型の中に自分が迷い込んだような、奇妙な錯覚を覚えたのです。

ほんの一瞬の出来事でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください