先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!/小林 朋道

先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!

築地書館 2008-10-02
売り上げランキング : 35952

Amazonで詳しく見る by G-Tools

鳥取環境大学で教鞭を執る動物生態学が専門の著者が、ふだんの生活を交えながら、動物の興味深い生態を紹介する本。

大学の授業でイノシシを捕獲するプロジェクトを企画したり、駅や繁華街のイタズラ書きをタヌキの習性である“溜め糞”になぞらえる仮説を立てたり、本書のタイトルにもなっている、本来ヘビを天敵としているはずのシマリスが、その頭をかじることがあるというエピソードなど、常識を越える不思議な話題が盛りだくさん。

小難しい理論ではなく実際に起きたエピソードを中心に、エッセーのような著者の飾らない文体で、とても読みやすい。

雑草を食べるヤギがいる田んぼ“ヤギんぼ”と呼んでみたり、実験用に飼っているアオダイショウには“アオ”、山で見つかったヤモリを、“マヤ”(ヤマにしようとしたが雌だったので)といった感じで、命名はかなり“そのまんま”ではあるけど研究対象の動物や土地にも名前を付けている。そこには、かなりの愛情が込められているような気がした。

研究テーマが次々と現れて、楽しくてしょうがないといった感じで、そんな状況を羨ましく感じた。

4 thoughts on “先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!/小林 朋道

  1. Amazonサイトにて「巨大コウモリ」の書評も併せて読みましたが
    なかなか興味深いですね。
    物事は楽しんでナンボというのが私の主義と同じニオイを感じました。
    …やっていることのグレードは遥かに違いますけど(笑)

  2. ≫ がんちゃん
    物事は楽しんでナンボって、結構難しいんですよね。
    大きくはみ出してしまうと周囲に迷惑を掛けるし、そうかといって、その中にとどまっていたら、何にもできないし…でも、与えられた環境でなにができるかを考えていくと、おのずと答えが見えてくるかもしれませんね。ちょっと自問自答風になってしまいましたが…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください