夢をかなえるゾウ/水野敬也

夢をかなえるゾウ 夢をかなえるゾウ
水野 敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 156

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この本は、近所の図書館にかなり以前に予約したものだったが、ベストセラーになり始めた頃に予約したせいか、結構早く手に入った。いまは予約件数92にものぼっている。

さて。
もともと僕は自己啓発本は好きな方で、以前はかなりの数を読んでいたと思う。それで人生が変わったか?ということもなく、相変わらずの悶々とした生き方をしている。この本は、自己啓発本の一種だが、その内容はかなり変わっている。

なぜか関西弁をしゃべる象の姿をした神様(ガネーシャ)が、しがない若いサラリーマンの前に突然現れる。

「お金持ちになりたい、ちやほやされたい、成功したい、有名になりたい、何か、こう、自分でしかできないような大きい仕事がしたい…」という主人公の思いから、ガネーシャによる教えを毎日ひとつずつ実践していく。

教えのひとつひとつは、とても単純。

  • 靴をみがく
  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる
  • ・・・

…なんてことばかり。いずれも1日でできるようなものばかりだ。

「成功」という言葉は、本書のなかでたびたび出てくる。教えを実践していった先にあるものが、成功なのだとしたら「成功」って、いったい何だろうとと思った。

何をもって成功とするかは、人によって大きく違う。

たいていの場合、自分が何をしたいのかがわからない、具体的な“成功”を描けない人が多いのではないだろうか。そういう意味で「何か変えたいけど、どうしていいかわからない」という人にとって、本書は適しているかもしれない。

でも、最も大事なのは、その動機付けだと思う。その動機付けが強くて明快なものでない限り、いくら簡単な課題(教え)であっても、やはり続けることはできないだろう。そうした動機付けを見つける方法を、より深く教えてくれると良かった。

それにしても、著者の年齢を見てびっくり。僕よりかなり若い。まぁ年齢で内容を判断するのは良くないとは思うが、ずいぶん年下であっても、それまでの人生経験が豊富で、実際に成功したというのであればいいけど、そうでないとすれば、なんとなく物足りなさみたいなものを感じてしまうのは、やっぱり偏見なのだろうか?

2 thoughts on “夢をかなえるゾウ/水野敬也

  1. 象は記憶力が良いそうですね。北欧では「幸運の象徴」とか?

    >何をもって成功とするかは、人によって大きく違う。

    仰る通りですね。「成功者」とは大抵、周りの人間が勝手に言ってることですし。
    自己啓発本は私も好きですが、本を読んで前に目を向ける!という儀式のようなもんかもしれません。

    「年齢」含む経歴は、説得力に影響を及ぼす事は少なからずありますね。
    時だけ重ねてても、ショボッと思ってしまう大人も沢山いますから何とも言えませんね。

  2. ≫ モチモチ さん
    確かにゾウは賢そうです。ゾウを一方の主人公にしたのは、
    そういった、何か意図があったんでしょうか…?
    自分にとっての“成功”とは何かを見つけるのが、自己啓発本の
    ような気がします。本の通りにやることは、できたとしても、
    単純にドリルを解くのと同じで終わってしまいかねません。
    「前に目を向ける!」ということで、“気付かせる”意味が
    あるんでしょうね。
    そして、年齢と経歴は、両方バランスが取れている方が自然です。
    その方が、少なくとも僕にとってはしっくり来ます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください