2329 トイレ

デスクワークが多い仕事なので、長時間同じ姿勢で過ごすことも多い。だから、こまめな気分転換は大事だ。

気分転換の代表的な方法としては、たばこを吸うことだろうが、これができる人は限られる。僕もたばこは吸わないので、当然この方法は使えない。行くところがないからと、このまま自席にいても気分転換にならないから、席を外すことになる。かといって、遠くに出掛けるわけに行かない。

たばこのように、違和感なくちょっとの間だけ席を外すことができる場所となると、ずいぶん限られるが1カ所だけ該当する場所がある。

それは、トイレに行くことだ。

ただ行って帰ってくるわけにもいかないので、(変な話で恐縮だが)せっかくだから…と用を足してくることになる。そのときいつも思うのだが、いわゆる“大”の個室はいつも満員であることが多い。すべての個室に人が入っている状態が続く。実際、本当に「用事」がある人ばかりではないようで、中からはいびきも聞こえることすらあるが、いずれにしても見た目は盛況であることに変わりない。

しかし僕が小学生だったころ、決して“大”には行くことができなかった。ひやかしの対象になったからだ。さて、いまの子どもはどうなんだろう…と調べてみると、こんなサイトを見つけた。さすがTOTO。

「みんなは学校でうんちをしたくなったとき、学校のトイレでうんちをしますか?」
1年から6年までの男の子・女の子988人のうち、120人が「絶対(ぜったい)にしない」と答えたんだ。また、「できるだけしない」も247人で「絶対(ぜったい)にしない」、「できるだけしない」を合わせて367人が「学校でうんちしない派」であることがわかったんだ。
また女の子よりも男の子に「学校でうんちしない派」が多かったよ。

なんと、いまだにそういう傾向は残っていたのだ。

歴史は繰り返すというか、変わらない…というか…。TOTOのようなアンケートやサイトでの紹介という活動も大事だが、子どもたちには、うちの会社の“大盛況のトイレ”を見せてあげるのも、なかなか効果的かも。

大人なんてしょせんこんなものなのだ。

11 thoughts on “2329 トイレ

  1. ご無沙汰しております…(毎度このことですが)
    そういえば学校のトイレで“大”は抵抗がありましたね…
    生理現象なのに恥ずかしいと思ってしまうのは何故?
    多感なお年頃に戻ってじっくりと心理探索してみたいものです。

    職場でトイレはいい気分転換になりますね。
    私も用事で席を外す“ついで”に行くことが多いですが
    呼吸を整えるのに最適の場所です(まあ、女性は個室ですので…)。
    困ったチャンは職場ではなく通勤電車のトイレです!
    通勤電車でトイレを使う=切迫した事態に陥っていると思うのですが
    (私だけかな?)
    混雑した車内を避けるためにわざと入る方がおられるんですよね…
    困ったというよりも迷惑そのもの。

    …トイレの話って意外と熱くなれそう(笑)

  2. 子供にとっては、生理的な行為をする自体が恥ずかしいのか。
    それともひとりっきりの空間に不安を感じるのか。
    私は幼少の頃、用を足すときに
    なにか不安で家のトイレのドアを閉めることが
    できませんでした。

    大人になったら、逆に落ちつく空間になりますよね。トイレ。

    ただし、それはトイレ空間がキレイなことが前提ですよね。
    日本は駅のトイレもとっても清潔になってきましたよね。

    中国では、まだまだその辺の環境が完璧では
    ありませんよ。。。

  3. ≫ がんちゃん
    いえいえ、こちらも、がんちゃんのところへのコメントが、
    バッチ処理になりがちなので(苦笑)

    そうした抵抗感は一体どこから現れるのか?謎です。
    極端な例では、男子トイレをすべて個室にした小学校もあるとか。
    大人になると、用を足すだけではなく、トイレがいろいろな
    用途に使われているわけで、このあたりを子どもたちにも知って
    もらうのもいいかもしれません。

    なるほど…通勤ラッシュ時における中距離電車のトイレは、
    そういう使い方をされる人もいるのか…いざって時のことを
    考えたら、かなり迷惑ですね。

    ≫ ucky
    そう考えると、トイレとは不思議な空間です。子どもから
    大人になるにつれて、不安な場所から落ち着く空間へと
    変化しているんだから。

    まぁ、落ち着くためには、きれいであることは大前提です。

    トイレの話題で欠かせないのは?中国ですね。
    世界のトイレ事情の中では、中国は突出していろいろな
    ネタを提供してくれるような気がします。
    上海万博や北京オリンピックを控えて、だいぶ状況は
    よくなってきているんでしょうけど。

  4. 確かに小学生に限らず、高校くらいまで学校のトイレで大というのは余程の緊急事態でない限りできませんでしたね。
    小学生の頃は「うんこ」とか「おなら」というキーワードに敏感に反応し、笑いのネタにしてましたからねぇ。
    ただ、最近は「トイレが汚れるから」という理由で男の子にも座ってトイレをさせる母親が増えているとか。
    時代が変わればトイレ事情も変わるんですね。

    私も今となってはトイレが会社で一番ほっとできる空間になってしまいました。
    時にはゲームしたりウトウトしたり、テレビやラジオを聞いたりやりたい放題です(笑)

    中国のトイレといえば、昔旅行に行った先生から聞いた話では、
    トイレの端から端までヒモが渡っていて
    紙の換わりにヒモで拭くんだぞ!しかもドアとかないから!
    と聞いたんですが・・・さすがに今はそんな事ないのかな?

  5. 会社にいるとトイレは落ち着く場所の1つになりますね。
    小学生の頃は、古くて清潔感のないトイレだったのでそこへ入ること自体
    避けていたように記憶しています。
    家のトイレは背中を窓へ向ける無防備さが何とも怖く、後ろ振り向きながら扉を開けていたような・・・下から手が出てくると思ったりとか・・・

    「ちょっとトイレ」と言って、席を立つのは関西人だそうな・・・
    某百貨店では「中村へ行ってくる」と言うと聞きました。
    人には隠したい生理現象なんですね。

  6. ≫ kinoko さん
    みなさん同じような経験をされているんですね。こういうことが
    地域によって大きな違いがないというのも、考えてみると不思議な
    ことです。
    それにしても、個室の中では、思い思いの過ごし方をしてるんですね。
    僕はあまりそういう経験がないというのと、実はトイレはそんなに
    落ち着く感じがしないので、そそくさと出てきてしまいます。

    中国のトイレ事情については、いずれ、ucky が答えてくれるでしょう。

    ≫ モチモチ さん
    やっぱり会社のトイレは落ち着くのか…
    あー無防備な状態でいるときの不安感…ってのはわかる気がします。
    風呂で頭をシャンプーで洗っているときの不安とかね(笑)
    僕が、百貨店での隠語として聞いたことがあるのは
    「横浜へ行く」です。市外局番045…おしっこということで。
    中村も同じようなものですか?

  7. なんだかトイレネタ、盛り上がってますね。

    中国のトイレの「ひも」のお話、私も小学校くらいのときに
    聞いたことあるような。。。

    こっちで実際に「ひも」にはめぐり会っていません。

    ただ、おしりを拭いた紙をゴミ箱に捨てたりするのは
    あまり珍しいことではないし、
    (水の流れがもともと弱いことが理由)
    うちの奥さんは、女子トイレで扉なしに遭遇したことも
    あるそうですよ。
    (女性陣は座位でお互いに会話を楽しむらしく、ニイハオトイレとも
    呼ばれているとか。。。)

    習慣の違いって、いろいろですね。

  8. ≫ ucky
    トイレでの他人の行動は見えないから、いろいろ気になってしまうと
    いうことはあるでしょうね。もっとも、扉なし!トイレだったら、
    いろいろな意味で丸見えだろうから、中国では、日本みたいな
    盛り上がり方はしないだろうし、日本の小中学校のトイレ事情なんかも、
    まったく違っているんでしょうね。
    ちょっとそっち行って確かめてみたくなりました。

  9. おお、遅くなりましたがuckyさんトイレ情報ありがとうございます。
    扉なしって未だに存在するんですか!
    中国の人はおしゃべりってイメージがあるけど、
    トイレの中でまでしゃべりたいもんなんですかねぇ。

    それと、使用済みの紙を流さないってのもなかなかすごいですね。
    衛生面とかニオイとか、色々大丈夫なんでしょうか。

    上海はかなり都会だって聞いた事があるのでちょっと意外。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください